読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

微課金王子の活動拠点

千年戦争アイギスのプレイ日記をメインに更新していきます

第二覚醒まとめ~ワルキューレ~

レギンレイヴ&ゲイレルル

f:id:namnam_milleniumwar:20170113143114j:plain

レギンレイヴ

覚醒済クリッサ、レシア、ダリア、メイリン、キャリーが選択可能
<ブリュンヒルデとの違い>
・HP、攻撃力、防御力の大幅増加
・魔法耐性の増加(+10)
・コスト+3(配置ユニット0の時コスト-3)

タイマン性能ががっつりと上がり、攻撃力3000までの敵(ex.ストーンゴーレム)ならば受けることが可能。魔法耐性も上昇し、リッチなどの魔法を使う敵に対してもより強く出られるようになりました。単純な強化ではありますがそれ故に強力。かなり優秀なステータスになりますね。
コスト増加に関しては共通の変化なので後に考察します。

ゲイレルル

覚醒済クリッサ、レシア、テティス、エミリアが選択可能
<ブリュンヒルデとの違い>
・HPの微増
・ブロック数の増加(2体同時攻撃)
・コスト+3(配置ユニット0の時コスト‐3)

ブロック数が2体に上昇、かつその2体を同時に攻撃できるということでコスト稼ぎに特化した型になっています。ステータス上昇はHPが僅かに上がっただけですが、ゴブリンや狼程度を散らすには十分でしょう。
難点としては2体ブロックになり差し込みに影響が出てしまう可能性がある点。状態異常耐性のあるテティスをドラコリッチなどに差し込むこともありますが、余計にブロックをすることの無いよう気を遣う必要が出てきます。

コスト増加について

レギンレイヴ、ゲイレルル共に素のコストがブリュンヒルデに比べて3増加します。

…「弱体化じゃねーか」と言うには少し早いですよ。
注目すべきは「配置ユニット0の時出撃コスト‐3」という一文。
つまりは初手配置などマップ上にユニットを置いていない状態ならばコスト増加のデメリットは全くないということ。かつその状態で配置できれば、例えば「コスト15で配置、コスト18で撤退」差し引き3のコストが返ってくるということになります。最悪、配置後即撤退でも活躍できるということですね。

この性質をうまく生かそうと思うとゲイレルルが優位。大討伐などのラッシュの激しいミッションで初手配置し、漏らさず敵を排除しつつコストを稼ぎ、撤退でもしっかりコストを稼ぐことができる…と。
逆に差し込みや後配置となると、ただコストが増えるだけですのでそれらがメインになり得るレギンレイヴには若干不利でしょうか。まぁ元々コストそこまで高くないですし、配置のタイミング的に気にならないっちゃ気にならないかも。

まとめ

レギンレイヴ:神々を受け継ぐ者」に「ゲイレルル:槍を持ち進む者」ということでキャリーさんの初夢は無事正夢となりましたねwww結構雰囲気変わりましたがどうしたことやら。
クラス評価としてはゲイレルルでのコスト稼ぎも大討伐などではかなり優秀そうですし、レギンレイヴのステータスも1ブロとしてはかなり完成されたものになっています。今までなかなか日の目を見ることの無かったクラスではありますが、今回の第二覚醒で大きく化けたのではないでしょうか。コスト稼ぎを主軸に見るか、対強ボス戦力として見るかで決めるといいでしょう。

うちのワルキューレテティスさんがいますが…やはり二次覚醒絵は来ず( ;∀;)何ぞ絵は描いたけど運営陣との確執が云々…という話らしいですね。バシラやシズカの覚醒絵含めて運営さんにささっと通していただきたいもんです。

クリッサちゃん更にかわいくなりましたね(*´ω`)何度か狙って召喚していますがなかなかお目に掛かれず次こそは!と思っています。inoshishi先生のtwitterでのテンションの上りっぷりも面白かったw