読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

微課金王子の活動拠点

千年戦争アイギスのプレイ日記をメインに更新していきます

第二覚醒まとめ~ローグ~

第二覚醒まとめ

ナイトアサシン&エンフォーサー

f:id:namnam_milleniumwar:20161216005108p:plain

ナイトアサシン

一次覚醒済のベティ、ジュノン、エイダ、ベルナが選択可能。
<マスターアサシンとの違い>
・HPの微増
・物理回避率の増加(50%→60%)
・暗殺率の増加(ごくまれ→まれ)

マスターアサシンの名の通りローグが持っていた回避&暗殺特性を伸ばしたクラスですね。ステータス増加はHPのみですが、暗殺してしまえばいいよね、回避してしまえばいいよね的な感じでワンチャンに強くなっています。動画攻略勢には好まれないかな?
回避率60%と10%の増加と結構思い切ってますね。常時これだけの回避率があれば物理に対してはかなり強く出れます。とはいえHPへの不安は拭い切れませんので、大討伐や試練系イベントでの活躍がメインになりますかね…
暗殺率については元々ベルナ3%、その他1%という値でしたので少なくともそれ以上になっています。値がまだ出ていませんので明確に表記はできませんが、2%くらいでは?と勝手に予想中です。どうやら10%くらいまで上昇している様子。やばいな、おい。

エンフォーサー

一次覚醒済のキュテリ、シプリア、ベルナが選択可能。
<マスターアサシンとの違い>
・各ステータスの増加
・暗殺性能の消失
・攻撃速度の上昇

ステータスの増加が目覚ましいですね。マスターアサシンに比べて全体的な安定感を得たクラスになっています。耐久面の伸びが大きく、シプリア、ベルナの二名はメイドゴーレムの攻撃(2500)すら受けられるようになっていますので驚き。回避も含めば物理攻撃の敵を相手に落とされることは(一撃必殺除いて)そうそうないでしょう。攻撃面も暗殺性能を失ってしまったため、スキル使用以外で暗殺を狙うことはできなくなっていますが攻撃速度の上昇と攻撃力そのものの上昇があってかなりの数値に。
暗殺を狙ったプレイに制限が掛かるため、オークやサハギンなど暗殺の通りやすい敵に若干使用感が変わってきますが、優秀なステータスを得たことにより以前よりも使用される可能性は高くなるのではないでしょうか。

まとめ

序盤差し込みとして優秀ながら、耐久不足でだんだんと影が薄くなっていくローグ。
暗殺&回避という無限の可能性を秘めつつも安定感の乏しさゆえに採用されにくいローグ。
個人的にはナイトアサシン、エンフォーサーの分岐はローグの売りであるポイントをうまく伸ばしているとは思う。
注目したいのはシプリアさん。ローグ職とは思えないくらいの腹の肉攻撃性能を手にしました。スキル覚醒まで頑張れば9割の回避に3000近いDPSをたたき出す強1ブロになります。
ベルナさんについてはマスターアサシンの暗殺率が判明し次第ですかね。何やら有志の計測で暗殺率アップやばいんじゃないかとの噂が出始めている模様。基本10%、ベルナ補正30%、スキル使用で60%(あくまで推測)。これはもう並の敵ユニットでは太刀打ちできないですな。ローグほとんど使わない「にわか」なので完全に嘗めてましたね。てか基本10%だったらそれもう「まれ」じゃないんじゃないか?と思いますw