読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

微課金王子の活動拠点

千年戦争アイギスのプレイ日記をメインに更新していきます

緊急ミッション「第二次妖怪大戦」 後半攻略

イベント情報

ミッション概要

f:id:namnam_milleniumwar:20160818215514j:plain
前半攻略はこちら

上級「さまよえる落ち武者たち」

MAP

f:id:namnam_milleniumwar:20160818220031p:plain

攻略のポイント

遠距離マスがステージ上部にしかありません。
ミッション開始直後から落ち武者が侵攻してきますが、HPを半分削るまでは移動速度は遅いので序盤は遠距離ユニットの設置を控え、近接ユニットを展開して落ち武者他のブロックに備えます。

上から4列目がポイント。リンネやリアナのスキルのようにかなりの射程強化がないと遠距離による回復は無理。となると倒される前に倒しきる性能か、神官戦士などによる補助が必要となってきます。
上から2列目、3列目にメイジアーマーがおけると楽ですね。落ち武者の侵攻に合わせてスキルを発動させると4列目含めて大きなダメージになります。

極級「重水の四天王」

MAP

f:id:namnam_milleniumwar:20160818235819p:plain

攻略のポイント

最後の四天王「重水の四天王」が登場。攻撃力400×3回の多段魔法攻撃。ヒーラーより攻撃速度が速いので注意。例によって序盤は黄色☆の位置を交互にワープ。遠距離の黄色マスは四天王の射程内なので攻撃を受けます

四天王が本格的に侵攻し始めるまでは、遠距離を絞られている関係から左側拠点が少し守りにくいです。青マスにウィッチ、メイジ等の魔法職を置いて少しずつダメージを重ねていきましょう。
基本的に中盤は餓鬼や青鬼の侵攻をさばいていくだけですが、青鬼の数が多いのでそれをさばくだけの攻撃力が求められます。

終盤、赤☆の位置に四天王が移動し赤矢印に沿って移動。右拠点前の十字路に魔法耐性のある近接と付近の遠距離マスにヒーラーを置けばOK。また四天王と交差する形で左拠点へと黒鬼が侵攻します。攻撃力1250と高い上、HP10000、防御650とタフ。四天王による遠距離への負担もあり遠距離で倒しきるのは難しい。左拠点前でヒーラーをつけつつ防御力の高いユニットで対応しましょう。

左右拠点双方をヒーラーでカバーする事が出来ないので3~4体の回復ユニットが必要となりそうです。

神級「鬼の頭領」

MAP

f:id:namnam_milleniumwar:20160819011524p:plain

攻略のポイント

鬼の頭目・酒呑童子が登場。HP80000、攻撃2000、防御400、魔法耐性30。攻撃力もさることながら攻撃速度がとてつもなく速い。ヒーラーの回復の間に3回以上の攻撃が入るほど。千一鬼夜行の時のように第二形態への移行は無し。

登場敵ユニットは終始鬼のみ。雑魚らしい雑魚のいない非常に密度の濃いミッションでありますが、今まで登場してきた四天王は終結せず。遠距離マスに対して攻撃を仕掛けてくる敵は一切いないのは一つのポイント。防御の高い敵ばかりなので、メイジ、ビショップ、ウィッチといった魔法職を中心にダメージを与えていきましょう。マップ左上、橋のあたりに鬼が出現しやすいので、遠距離マスに範囲魔法勢を配置すれば動き出す前にかなりダメージを与えられます。

討伐数が25前後で本命の酒呑童子が登場。位置移動経路は以下。
f:id:namnam_milleniumwar:20160819014308p:plain
覚醒王子+ヒーラー複数で安定して受けられますが、スキル中に倒しきるのは厳しいので遠距離を使ってしっかり削りましょう。リッカやスクハなどの近接遠距離も利用しつつ削るといいでしょう。酒呑童子は虹精霊をドロップします。札関係ないので最悪スルーしてしまうのも一つの手です。

神級「二匹の妖狐」

MAP

f:id:namnam_milleniumwar:20160819112848p:plain

攻略のポイント

左☆にイナリ、右☆にカヨウの二匹の妖狐が登場。タマモは知らない。
イナリ:
HP25000、攻撃400(近接魔法)、防御300、魔法耐性10
カヨウ:
HP20000、攻撃300(射程内同時魔法)、防御250、魔法耐性20
共に高確率回避性能を持ち、物理攻撃に対して実数値以上にしぶとい。

序盤は白餓鬼、緑餓鬼のラッシュ。リーゼロッテなどの高レアリティのソルジャーで対応しつつコストを貯めます。またマップ左寄りに錫杖持ちの赤烏天狗が複数体出現。弓などで応戦しましょう。

中盤3か所に3体ずつ鎌鼬が登場。赤丸にメイジや砲術士などの範囲攻撃ユニットを置いて少しでも削っておかないと危険です。また同時に黒烏天狗が5体登場。うち2体が錫杖持ち。攻撃力1500と強いので、避雷針を立てるなどして遠距離で受けないように。

ラストには妖狐の二人が黄色☆位置に出現ししばらく待機。同時に緑餓鬼、黒烏天狗が侵攻するので処理。
カヨウに関しては、動き出すとなかなかに手が付けられなくなりますので、この待機中にいかにダメージを与えられるかが胆に。待機中は黄色マスが射程内なのでこの2マスがフォローできるようにヒーラーを置きつつ魔法剣士、ウィッチ、エレニア、メトゥスなど強力な魔法攻撃で押し切りましょう。物理遠距離でもいいですが確率回避されるのではまると危険。もしくはヒーラーとしてマール、サーリア、パトラなどのエリアヒール系スキルがあると非常に楽です。
イナリはそう強くは無いのですが回避率が高く物理のみだとちょい面倒なのが…